完全宅配クリーニングマニュアル改訂版

以前、まだ子供もいなくて、夫婦二人で暮らしていた折に完成したばかりのマンションを購入できまして、転居を決定しました。いよいよ引っ越しと宅配クリーニングの日を迎え、運送洗濯する作業が進みましたが、大きなテーブルがあって、取り外し可能な脚がなかなか取り外せず、仕方がないので、その形のまま運んでもらったら、まあまあ妥当な値段だとは思いましたが、追加料金を請求されてしまいました。
見積もりをもらった時にでもどういう時に追加料金を払うのか、知っておきたかったです。
未婚のときの引っ越しと宅配クリーニングは、電化製品や家具も大型のものがなく、引っ越しと宅配クリーニング業者に頼まずにできていました。
けれども、結婚をしてから引越しをすると、冷蔵庫などの家電や家具が大きくなり、大掛かりな洗濯する作業となるため、引っ越し業者やクリーニング店に頼みました。
業者やクリーニング店に任せると、電化製品の設置も行ってくれるので、ラクにできました。
忘れられていた様々なものが引っ越しの時に出てきますが、仕分けの結果、不要になるものもあります。処分をどうするか考えなくてはなりません。そんなときぜひ利用してほしいのは引っ越し業者が行っている、不要品引き取りサービスです。また、業者によっては、ものによってですがお金を払って処分しなくてはならないものを資源のリサイクルなどの名目で無料で引き取ることもあります。
引っ越し業者やクリーニング店に聞いてみてください。
実際に引越しと宅配クリーニングをするとなると、荷物や布団や洋服や布団を詰めて大量にあるダンボールを移動させたりどかしたり、業者やクリーニング店さんと一緒になって家財道具を移動させたりと大忙しです。しばらくそういったことを続けていると、手のひらがじきに真っ赤になってしまいます。業者さんの手に目をやってみると、しっかりと軍手をしています。
引越しと宅配クリーニング業者にお願いをしても、自分専用の軍手が必要です。
私たちが引っ越しと宅配クリーニング業者を決める際、日本通運(日通)が多くの人が、テレビコマーシャルの「引っ越しは、日通」を思い浮かべるほど、おなじみの業者の一つでしょう。
昔から引っ越しサービスを行ってきた業者であれば、引越社、引越センターといった、専門業者であることを表す会社名である思い込みがあったかもしれません。
ところが、運送会社は近年、単身者も含めた家庭向け引っ越しサービスを扱うのが普通になりました。
運送会社が行う引っ越しサービスは数多いのですが、日通など大手ならば、引っ越しサービスも一定の水準をクリアしていると言えます。引っ越しと宅配クリーニングの準備はいろいろありますが、絶対欠かせないのは転出届を市区町村役場に提出することです。
この転出届、現在住んでいる市区町村で役所の窓口で手続きすれば、すぐ受け付けてもらえますが、また、郵送での受付も行っています。
また、平日昼間に役所に行くことが難しいなら、委任状を添えれば、代理人が提出しても問題ありません。
実際に転居する2週間くらい前から、届を受け付けることができる市区町村が多いようです。やっと、マイホームの購入をすることにになりました。でも、その契約のためちゃんとした実印と印鑑証明書がいる、ということについて知らずにいたので、少々驚きました。
登録は一応していました。親が代わりにやっておいてくれました。
しかし、市を越境して引っ越すことになるため、転入先の公共機関(市役所や出張所など)において改めて登録しないといけません。
仕方がないのでバタバタと登録しに行って大変慌ただしい思いをしました。
新居への引っ越しと宅配クリーニングを済ませ、住所が変更になったのなら当然、運転免許証の住所変更手続きもしておかなくてはいけません。車を所持していないからと、何年か後にくる次の更新時までは以前の住所のままでも困らない、と考える人もいるのですが、車やバイクの運転時に携行するだけではなく、運転免許証は使い道が意外とあります。
携帯電話の新規利用を申し込んだり、機種変更をする場合に使いやすい本人確認書類として重宝します。
他に、スポーツジムの会員になったり、銀行口座の開設時などでも使われます。
そういったこともあり、住所変更手続きは早めに行っておいた方が良さそうです。
先日、引越しを行いました。引越し専門の会社に頼みましたが、そうは言ってもやっぱり大変でした。
大変だったことはというと、諸々の手続きです。
市町村を移動すれば、印鑑証明請求のための印鑑登録も行わなければなりませんでした。まず使うことはないのですが、念のため登録を済ませました。
引越しと宅配クリーニングを行ったら、必ず近所の方、そして、大家さんにあいさつ回りをするようにしています。
この時持参する挨拶品は、食べ物に決めています。タオルがもっとも無難だろうと思いつつも、どことなく残念な気がしてしまうからです。適当な和菓子を買って、配っているのですが、割りあい喜ばれています。