最近なぜか力仕事を任され大変だが、終わった後の達成感は嫌いじゃない

私は女だというのに、背が高いからという理由で力仕事を任されるというのは何だか腑に落ちません。
でも、うちの家族はみんな非力なので、仕方なしに力仕事を一手に引き受けています。
頼られること自体は嫌な気はしないので、お役に立てるのなら…という気持ちで毎回作業に当たっています。
昨日家族から頼まれていた用事は裏山の竹を切ってほしいとのことで、乗り気ではなかったのですがしかたなく作業を始めました。
竹を切るときはノコギリを使う人が多い気がしますが、破竹などの比較的細身の竹であるならば、ノコギリよりも鉈の方が簡単に切ることができるし、作業的にも楽なのでおすすめです。
力仕事は好きじゃないのですが、やり終えたあとの達成感は嫌いじゃないです。
他にも洗濯や掃除など、ちょっとした軽作業でもやり終えると気持ちいいですよね。
約4時間の力仕事のあとは、特段何も用事がないのでテレビを見ていました。
あとは、今日あった出来事をパソコンの日記ソフトに書き込めば私の一日は終わりのようなものです。
日記的なことはいままで書いたことはなく、書いたことがあったとしてもすべて三日坊主で終わってしまっていましたが、良い日記ソフトを見つけてからは毎日楽しく日記を書くことができています。
何かが続かないと悩んでいる人は、道具を改めてみるといいかもしれません。
以前なら手書きで日記を書いていましたが、ボールペンって自分のお気に入りのものじゃないと字を書きたくなくなりますよね。
あんなにシンプルなものなのに、ペンによってまったく書き心地が違うので、ペンって案外奥深いのかもしれません。
自分にあったペンだとものすごくキレイに書けますよね。
逆に合わないペンとかだと、まるで小学生が書いたような汚い文字になってしまいますので、ペン選びは大変重要だと思います。
あとは、やっぱりスマホに同期すれば、どこでも簡単に読み返したり書いたりできるのも魅力ですしね。
今日は力仕事で疲れたので早めに休もうかと思っています。